月刊誌のチラシ

月刊誌のチラシ、ゴシップ紙、繁華街にある広告やDMで「多重借金の効率化やります」「多重負債を集約したいと思ったら」という内容の広告を見ることがしばしばです。78-14-136

「整理屋」「買取専門人」「つなぎ業者」という名の悪徳企業の嘘広告の場合も存在します。78-9-136

そのようなものを依頼したケースでは自己破産申請手続きの中で最重要な免責認定を受けられない可能性もあります。78-15-136

「整理業者」の場合は広告などで借金のある人を引きつけ常識外の代金を取り借金整理をやりますが結局は整頓はされず、借金者はもっと債務地獄に落ちることがすべてと思われます。78-1-136

「買取屋」とは負債人のクレジットで、電化用品、飛行機の利用チケットを大量に注文させて当人からそういった品物を購入額の30%ー額面半額で買取るという手口をとっています。78-17-136

負債者は一時的にはキャッシュが手に入りますが必ずクレジット会社によって品物の販売額の支払いが送られてきて、現実には負債額を増大させることになります。78-12-136

この際はカード業者に対して犯罪とされて免責許諾をもらえません。78-11-136

「紹介人」の場合人気の金融業者から貸してもらえなくなった負債者に対しダイレクトな金貸しは一切せずに、融資を可能である他の貸し手を教え、高すぎる経費を受け取る悪徳業者です。78-2-136

紹介屋は手の込んだ経由でお金を貸し出しが受けられたようにしゃべりますが、何もしていなくて、シンプルに選考のゆるめのルートを分かっているだけです。78-19-136

このケースだと結局のところ負債を悪化させる結果となります。78-8-136

Copyright © 1996 www.occhionellarte.org All Rights Reserved.
78-6-136 78-3-136 78-7-136 78-13-136 78-16-136