元金について均一に返済していくというものと

借入の支払い方法はクレジットカード会社の方針によって相当違いがあって、様々な手法が取り入れられています。76-3-136

類型的には残高スライド法やリボ払い方式が選ばれているようです。76-15-136

斯うした誰もが知っているリボルディングですが、実は勘定方法には様々な法というものがあります。76-13-136

それでそのよう方法により返済金額が違ってしまうのですから知っていて損をするようなことはないはずです。76-12-136

では理解しやすく2つの様式のずれに関して解説していきましょう。76-2-136

はじめは元金均等払いでその次は元利均等払いというものです。76-14-136

それぞれその名を冠する通り、元金について均一に返済していくというものと、元本と金利に関してをつごうで均一に支払っていくという手法です。76-16-136

今回はもしや10万円借金したと設定して、具体的に如何様な算定をしていくのかみてみます。76-5-136

利分をどちらも15%と仮定し試算します。76-10-136

またリボ払いに関する支払額を1万円と設定して算定します。76-18-136

先ずは元金均等払いのほうからいきましょう。

こうした場合の1度目の引き落しについては1万円に対して利息分の1250円を計上した返済額になります。

その次の支払いについては1万円へ利子分の1125円を加えた金額となります。

こういったふうにして10回分で返済を完了させるといった方法となります。

他方、元利均等払いというのははじめの支払に関しては1万円で元金に8750円、利子に1250円という感じで割り振ります。

次の支払いは元本が8750円に減少した状態で利子を勘定して1万円を再度割り振りをします。

詰まるところ元利均等払いの場合では10回で支払が終わらないという算定になってしまうのです。

こればかりのずれで二者がどれほど相異なってるのかたっぷりとわかってもらえたことかと思います。

元利均等とは元金均等に比較しまぎれもなくもと金が減るのが緩慢という弱点があったりするのです。

言い換えれば利息を多く払うと言うことになるわけです。

一方、はじめの支払いが小さな額で落ち着くと言う強みもあるのです。

こういう支払い方法などのへだたりに呼応して、引き落し合計金額というのは違ってきたりしますからあなたの返済計画に合致した方法を取るようにしていきましょう。

Copyright © 1996 www.occhionellarte.org All Rights Reserved.
76-7-136 76-11-136 76-20-136 76-6-136 76-19-136